なぜ白髪は生えてくる?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ある程度の年齢になると、高い割合で髪に白いものがちらほら混じりはじめます。

人によって差はあるものの、大体30代後半くらいから生え始め、40代、50代ともなると多くの方に白髪が見られるようになるようです。

稀に年配の方でも全く白髪がみられない人もいますが、本当に白髪がない人はごく少数であり、 大半はヘアカラーで白髪を染めるなどして目立たなくしているだけ。

もちろん、染めている場合は時間が経つと共に根元から白い毛が生えてきますので、繰り返し染める必要があります。

白髪があると年齢よりも老けて見られやすいため、 出来ることなら黒髪に戻ってほしい、またこれ以上増えないで欲しいと多くの方がお考えのことと思いますが、 そもそもこの白髪、なぜ生えてくるのでしょうか?


実はもともと、髪は無色透明

元々、髪は無色の細胞からできており、色が付いていません。
その無色の髪に、毛根に存在するメラノサイトがメラニン色素を生成、色付けする事によって黒い髪が生えてきます。

しかしメラノサイトが正常に機能せず、メラニン色素を作る事が出来なかった場合、黒くなるはずだった髪は白いまま生えてくることになります。

これが白髪です。
白髪が生える原因には様々なものがありますが、主にメラノサイトの機能低下によるものが大半だと考えて良いでしょう。

加齢をはじめ、生活習慣やストレスなどによって発生した活性酸素によるメラノサイトの機能低下や、血行不良による栄養不足など、 メラニン色素が正常に生成されなくなる事によって、白髪が生えてきます。

しかも一度白髪が生えると、ほとんどの場合黒髪には戻らないのだとか。

・・といわれているようですが、それは加齢などが原因である白髪の場合であり、 ストレスなどによる一時的なメラノサイトの機能低下が原因であれば、白髪が黒髪に戻る事はあります。

なぜそのように断言できるのかというと、実は私自身も白髪が生えてきたと思っていたら、途中から黒髪に戻ったという経験が何度かあるからなのです。

勘違いではないかという声もありそうですが、髪の途中で白っぽい色から黒髪へと変化していましたので、勘違いなどではありません。

白髪が生えたのは、大きなストレスが原因ではないかと思いますが、白髪が加齢によるものでないのなら黒髪へ戻る事もあるという体験を自分自身がしているため、 白髪がちらほら見え始めたという方も、回復の余地が全くないとは言えないのではないでしょうか。

いずれにせよ、白髪は遅かれ早かれ誰にでも生えてくるものであり避けるのは難しいですが、 生活習慣を見直すことによって老化を緩やかなものにし、白髪の発生を遅らせる事はできると思います。

ただ、生えてきてしまった白髪はどうする事も出来ないため、 髪が白いままであるのが嫌な方は美容室のヘアカラーや、市販の白髪用製品の利用をお勧めいたします。

ただし、きついヘアカラーは頭皮にダメージを与えてしまうものが多く、 それ自体が活性酸素を大量に発生させてしまい、白髪の原因となる可能性があります。

白髪を染める為の製品には様々なタイプが出回っており、 中には頭皮や髪に刺激とならない穏やかな使い心地の製品も存在します。

白髪を目立たなくするために使っていた製品が、結果的に白髪を増やす原因にもなりかねないとは本末転倒。 できるだけ、頭皮に負担の少ない製品を選ぶようにしましょう。

当サイトでも、髪や頭皮に優しい使い心地の製品を数点ご紹介していますので、参考にしていただけますと幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪が気になる方におすすめの製品

使いやすいヘナの白髪染め 初心者にも◎
Biocert Indiaオーガニック認証、最高品質Aランクのヘナ使用。 もちろん植物成分100%。ヘナなのに使いやすい、管理人お気に入りの白髪用アイテム。

マダムヘナ レビューを見る

ちゃんと色が入ります
自然派Clubサスティが販売する、無添加のヘアカラートリートメント。ジアミンを含みません。 色の入りが良く、使用感も○。コスパも◎。 色々利用しますが、私はヘナか、これが多いです。

利尻ヘアカラートリートメント レビューを見る




白髪は老化?なら若白髪はなぜ生える

白髪が生える主な原因は、老化などによるメラノサイトの機能低下によるもの・・と述べましたが、 ではなぜ、若い方にも白髪が見られる場合があるのでしょうか。
いわゆる、若白髪というやつです。
まだ老化とは縁がなさそうな10代20代の方たちにも、白髪が見られることがあります。

若白髪の原因ははっきりとはしておらず、治療方法などもわかっていないのだそうですが、若白髪が見られる年齢が若いほど遺伝的な影響が大きいと言われています。 両親のどちらかに若白髪があったりすると、子供にも若白髪が見られることが多いそうです。

後は大きなストレスを抱えていたり、栄養不足、病気によって白髪が生えやすくなる事があります。

若いころからタバコを吸うような方にも、若くして白髪が見られることが多いようです。 タバコによる白髪は活性酸素の影響や、血行が悪くなるからという理由が考えられるでしょう。

ただ、同じように悪い生活習慣を持っていたとしても、白髪が生えやすい方と生えにくい方がいるのは事実であり、 元々遺伝的に白髪が生えやすい要素を持っている方が、身体にストレスがかかるような生活を送っていた場合などに、白髪が生えてしまう事があるのではないかと考えられます。

逆に考えれば、遺伝的に白髪が生えやすいとしても、生活習慣に気を配る事で若白髪を増やさないようにすることは可能だと言えるでしょう。



関連記事





できるだけ優しい使い心地の白髪向け製品を研究・比較し、ご紹介しています。
ヘナを選ぶならこれがおすすめ

マダムヘナ(シムカラーEX)
 おすすめ
使いやすさ、価格、品質など全て◎。初心者にもおすすめのヘナです。


アートビーングのヘナ

ヘナの鮮度に拘っており、ニオイ控えめ。 やや使いづらいですが、高品質で価格もお手頃。

おすすめの白髪染め・ヘアカラートリートメント
【ヘアカラートリートメント】


利尻ヘアカラートリートメント

無添加のヘアカラートリートメント。 色が入るまでにある程度時間はかかりますが、 ちゃんと白髪が隠れます。


レフィーネ

ヘッドスパクリームとしても使える、 10種の天然成分と7種の養毛成分を配合したヘアカラートリートメント。

全額返金保証ありで安心。


Copyright © 白髪染め研究所.com. All Rights Reserved.  (サイト概要・ご連絡