白髪染めは髪や頭皮にダメージを与える?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現代では、簡単に白髪を染めることが出来る白髪ケア商品がたくさん売られています。

しかし、その中には刺激の強い白髪染めも存在します。
きつい薬剤を使った白髪染めは、髪や頭皮に良くないと言われていますが、手軽なためにやめられないという方も少なくないでしょう。

今回は、安価に販売されている市販品や、美容室で使われるような一般的な白髪染めについてお話したいと思います。


刺激の強い白髪染めとはどのようなものか?

市販の白髪染めにもいろいろあり、中々染まらない製品がある一方で、 短時間できれいに染まったり色持ちが良いという、一見すると扱いやすそうな製品も存在します。

しかし、そういった染まりの良い製品は、時に髪や頭皮を傷めてしまう原因となることがありますので、 利用には注意が必要です。

一般的な白髪染めは1剤と2剤という薬剤で構成されており、それを混ぜた混合液を白髪に散布するような仕組みとなっています。 1剤は「酸化染料」と「アルカリ剤」で、2剤は「酸化剤」です。
これらの薬剤の役割について簡単にご説明すると、まず1剤ですが、こちらは白髪を染めるための染料です。 この染料を加えることで白髪が黒く染まります。
主にパラフェニレンジアミンやトルエンなどのジアミン系、またアンモニアやモノエタノールアミン等が配合されています。 このジアミン系は頭皮に大きな刺激を与える原因になっていて、人によっては炎症を起こすなどのトラブルを引き起こします。
よくナチュラル系のヘアカラートリートメントなどに「ジアミン不使用」を謳ったものを見かけますが、 そのジアミンは酸化染料の事を指しています。

次にアルカリ剤について。
この薬剤は、髪のキューティクルを開いて染料剤を髪の内部に浸透させる働きがあります。過酸化水素水が主な成分です。

上記2種の薬剤を同時に利用する事により、染料を髪の内部に浸透させ、定着させる事ができるというわけですが、 しっかりと内部まで染める事ができる反面、髪のキューティクルをはがして薬剤を内部にまで浸透させるため、 髪にダメージを与えやすいというデメリットもあります。

髪だけではなく、頭皮へのダメージも気になる所です。


美容室で白髪を染めるとどうなるのか?

美容室でも、基本的には市販されている白髪染めと同じ薬剤を用いた製品を使っています。 ですので、髪や頭皮にダメージを与えたくないという方は、白髪染めの施術は避けた方が良いでしょう。

ただ、美容師はプロです。

白髪の多い場所へは薬剤の量を多く、そうでない場所には少なく・・といった具合に上手く調整してもらえますので、 自宅で自分で毛染めを行うのとは異なり、頭皮への負担を最小限に抑える事ができます。
そして、仕上げに髪や頭皮を保護するトリートメントなどのアフターケアも万全です。 このアフターケアをきっちりするのとしないのとでは、ヘアスタイルの仕上がりに大きな差が生まれます。
自宅で、安価な薬剤を用いて白髪染めを行うくらいなら、美容室で施術してもらった方が良いと言えるでしょう。

また美容室によっては、ヘナを配合した白髪染めを使ってくれるお店もあります。
ヘナは古代から使われてきている植物を使った染料です。
その美容室が利用しているヘナの品質にもよりますが、基本的にはヘナは自然の染料であるため頭皮への負担もなく、 むしろ髪を綺麗にしてくれるトリートメント効果があるなど、利用するメリットは大きいです。
ちゃんとした自然成分のヘナを利用している美容室は、それ程数が多くはないと思われますが、 白髪染めのダメージが気になる方は、そういったお店をさがしてみるのも良いと思いますし、 ヘナなら自宅でチャレンジしてみても良いかも知れません。
参考: ヘナ(植物)ベースの「白髪向け製品」比較表
ただし、ヘナにアレルギーなどがある場合は使用できませんので、 自分でヘナを使用する場合は、まずパッチテストを必ず行うようにしてください。


一般的な白髪染めを利用するのなら美容室で

最近は頭皮や髪に優しい使い心地のカラートリートメントなども多く存在しますが、 色持ちしないものが多いため、ダメージは気になるけれど一般的な白髪染め(1剤、2剤を使用した白髪染め)を使いたいという方もいるでしょう。

自宅用の製品も市販されており、そういった製品を利用して自宅で染めるのが一番手軽ではありますが、 白髪染めによる髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えたい方は、美容室で染めてもらうようにしましょう。

特に肌が弱い人は美容室で染めてもらった方が良いと思います。
美容室にもよりますが、施術前にできるだけダメージを小さくしたい旨を伝えておけば、何らかの提案をしてもらえると思います。

トリートメントを一緒に行ってもらえば髪へのダメージを軽減するだけでなく、 白髪染めの仕上がりもむらなく美しいものになりますのでお勧めです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪が気になる方におすすめの製品

使いやすいヘナの白髪染め 初心者にも◎
Biocert Indiaオーガニック認証、最高品質Aランクのヘナ使用。 もちろん植物成分100%。ヘナなのに使いやすい、管理人お気に入りの白髪用アイテム。

マダムヘナ レビューを見る

ちゃんと色が入ります
自然派Clubサスティが販売する、無添加のヘアカラートリートメント。ジアミンを含みません。 色の入りが良く、使用感も○。コスパも◎。 色々利用しますが、私はヘナか、これが多いです。

利尻ヘアカラートリートメント レビューを見る





関連記事





できるだけ優しい使い心地の白髪向け製品を研究・比較し、ご紹介しています。
ヘナを選ぶならこれがおすすめ

マダムヘナ(シムカラーEX)
 おすすめ
使いやすさ、価格、品質など全て◎。初心者にもおすすめのヘナです。


アートビーングのヘナ

ヘナの鮮度に拘っており、ニオイ控えめ。 やや使いづらいですが、高品質で価格もお手頃。

おすすめの白髪染め・ヘアカラートリートメント
【ヘアカラートリートメント】


利尻ヘアカラートリートメント

無添加のヘアカラートリートメント。 色が入るまでにある程度時間はかかりますが、 ちゃんと白髪が隠れます。


レフィーネ

ヘッドスパクリームとしても使える、 10種の天然成分と7種の養毛成分を配合したヘアカラートリートメント。

全額返金保証ありで安心。


Copyright © 白髪染め研究所.com. All Rights Reserved.  (サイト概要・ご連絡