いつの間にか浴室の壁に白髪染めのシミが・・落とす方法を知りたい


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅で白髪を染めている場合、まずは白髪染めの薬剤を髪に塗り、しばらく置いてから浴室で洗い流すことがほとんどだと思いますが、 その際、白髪染めの薬剤が飛び散って浴室内の壁についてしまうことがあります。

薬剤が浴室の壁についても、すぐに洗い流せば残ることはありません。
しかし、飛び散ったことに気づかずにそのまま放置してしまうと、薬剤が壁にしみこみ、色が付着したまま取れなくなってしまう可能性があります。

白髪染めを使った翌日にお風呂に入り、シミを見つけてショックを受けたという方、結構おられるのではないでしょうか?

きれいなお家などだと、特にショックですよね。また賃貸にお住いの場合、あまりにも汚れが目立つと引っ越しの際に指摘されてしまうかもしれません。

しかし、白髪染めの薬剤が、浴室の壁などに付着してから時間が経ってしまうと、簡単にお湯をかけて洗っただけではなかなか綺麗には落ちてくれません。

どうしよう…とお悩みの方は、まず以下の方法を試してみてください。

除光液を利用してシミを落とす

浴室に使われている壁の素材や白髪染めの成分にもよりますが、 飛び散った薬剤がシミになってしまっても、除光液を使えば落ちる可能性があります。

まずは除光液を付けたコットンなどで拭いてみてください。

それで落ちないのであれば、除光液をコットンやティッシュなどにたっぷり染み込ませ、シミになった箇所に貼り付けてみてください。

そのまましばらく置いてからこすれば消えるはずです。
それでも消えない・・という場合は、以下の方法をお試しください。

塩素系の漂白剤を利用してシミを落とす

先程の除光液を利用する要領で、漂白剤をコットンやキッチンペーパーなどにたっぷり染み込ませ、 シミになった箇所に貼り付けてください。

そのまましばらく置いてから、軽く洗い流せば落ちるはずです。

もし落ちていなかったら、シミに漂白剤をスプレーしてこすってみましょう。 壁の素材によっては、きつくこすると跡が残ってしまう可能性があるため、その辺はご自宅の浴室の素材をみながら行います。

大抵の汚れは、漂白剤を使えば落ちるはずです。

なお、当然ですがこれらの作業は素手ではしないでください。
あと、塩素系漂白剤を狭い浴室で利用する場合には、換気をしっかりとするよう心がけてください。



参考として、浴室の白髪染めのシミを落とすのに、私がよく利用する塩素系漂白剤はカビキラーです。 これを利用して、シミが落ちなかったことはありません。

ただし、落ちることを確認しているのは付着してから大体2日以内のシミであり、 あまりにも時間が経ちすぎてしまったシミについては、試したことがないため落ちるかどうかは不明です。

白髪染めを洗い流した後は、浴室の壁に飛び散っていないか、必ず毎回確認するようにしましょう。 薬剤がついてすぐであれば、シャワーで流すだけですぐに落とせることがほとんどです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪が気になる方におすすめの製品

使いやすいヘナの白髪染め 初心者にも◎
Biocert Indiaオーガニック認証、最高品質Aランクのヘナ使用。 もちろん植物成分100%。ヘナなのに使いやすい、管理人お気に入りの白髪用アイテム。

マダムヘナ レビューを見る

ちゃんと色が入ります
自然派Clubサスティが販売する、無添加のヘアカラートリートメント。ジアミンを含みません。 色の入りが良く、使用感も○。コスパも◎。 色々利用しますが、私はヘナか、これが多いです。

利尻ヘアカラートリートメント レビューを見る



関連記事





できるだけ優しい使い心地の白髪向け製品を研究・比較し、ご紹介しています。
ヘナを選ぶならこれがおすすめ

マダムヘナ(シムカラーEX)
 おすすめ
使いやすさ、価格、品質など全て◎。初心者にもおすすめのヘナです。


アートビーングのヘナ

ヘナの鮮度に拘っており、ニオイ控えめ。 やや使いづらいですが、高品質で価格もお手頃。

おすすめの白髪染め・ヘアカラートリートメント
【ヘアカラートリートメント】


利尻ヘアカラートリートメント

無添加のヘアカラートリートメント。 色が入るまでにある程度時間はかかりますが、 ちゃんと白髪が隠れます。


レフィーネ

ヘッドスパクリームとしても使える、 10種の天然成分と7種の養毛成分を配合したヘアカラートリートメント。

全額返金保証ありで安心。


Copyright © 白髪染め研究所.com. All Rights Reserved.  (サイト概要・ご連絡