ヘアカラートリートメントとヘナ どちらを利用するのが良いのか


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪や頭皮に使い心地の優しい白髪染めを使いたい…とあれこれ調べているうちに、ヘアカラートリートメントやヘナにたどり着く方は多いと思います。

白髪染めと同じように、ヘアカラートリートメントやヘナも白髪を目立たなくできる便利なアイテムです。

白髪染めに含まれるジアミンなどの刺激の強い成分が使われていないため、よりナチュラルなものを好む方や、白髪染めのダメージを気にする方に人気があります。

髪や頭皮にダメージを与えずに白髪を染めるのなら、それに越したことはありませんよね?

そんなわけで、ヘアカラートリートメントやヘナを利用しようと検討される方もおられると思うのですが、どちらを選べばよいのかで迷ってしまう場合も。

そこで今回は、ヘアカラートリートメントやヘナの違いと、それぞれのメリット・デメリットについてお話したいと思います。



ヘアカラートリートメントとは?ヘナとは?

ヘアカラートリートメントとは、ヘアマニキュアと同じく髪に表面を着色するための染毛料です。 髪の表層部に徐々に色素を浸透させることで、白髪を目立たなくしていきます。

白髪染めのようにもともと髪が持っているメラニン色素を脱色せず、また内部にまで薬剤を浸透させないため、白髪染めよりもマイルドな使い心地。

若干の化学成分が含まれるものの低刺激であるため、白髪染めでかぶれる方や、敏感肌の方でも使いやすいという特長があります。

一方でヘナは、植物成分を使用したカラーリング剤です。

一般的に「ヘナ」と言われますが、白髪を染めるためのヘナは、ヘナにインディゴと呼ばれる植物を合わせたもので、それらによって白髪を黒く色付かせます。

一切化学成分を加えずに白髪を染められるため、特にナチュラルなものを好む方に人気が高いです。

上記の説明を読むと、植物成分のみで染められるヘナのほうが良いのではないか?と思われる方もおられるかもしれません。

確かに、その植物成分にアレルギーなどがないのなら、ヘナはもっとも体にとってナチュラルな白髪染めだと言えるでしょう。

しかし欠点もあり、人によっては利用しづらいかもしれません。
次項より、解説していきます。



ヘアカラートリートメントのメリット・デメリット

ヘアカラートリートメントのメリットは、なんといっても白髪染めのような刺激の強い成分が含まれないため、敏感肌の方でも使いやすいという点です。

特に、昔の製品に比べると最近の製品は仕上がり、使用感ともによく改善されており、価格も手頃。 長く続けやすいヘアカラーリング剤だといえるでしょう。
【ヘアカラートリートメントのメリット】

・髪や頭皮への負担が小さい
・敏感肌や白髪染めにアレルギーがあるような方でも、使える可能性が高い
・トリートメント効果が期待できる
・それほど手間がかからない

上記のようなメリットがある一方で、もちろんデメリットもあります。
【ヘアカラートリートメントのデメリット】

・完全に白髪が染まるまでに、数回利用しなくてはならない
・黒髪を明るく染めることはできない
・髪質にもよるが、頻繁に利用する必要がある
髪質にもよりますが、ヘアカラートリートメントは使いはじめの間のみ、3~5回程度連続で利用する必要があります。

使いはじめても最初の数日は白髪が目立つ状態であるため、急いで白髪を隠したいというような方には合わないかもしれません。

また完全に染まった後も、1~2週間おきに利用する必要があります。

あと、ヘアカラートリートメントは髪の表面に色を付けるだけであるため、もともと黒い髪を明るく染めることはできません。

あくまでも白髪を黒髪の色に近づけるだけのものと考えてください。



ヘナのメリット・デメリット

ヘナのメリットは、化学成分を一切使わず白髪を黒く着色できるという点です。

髪や頭皮に負担となるものは一切利用したくない、というナチュラル志向の方に向く白髪染めだといえるでしょう。

一般的な白髪染めよりは色付きや色持ちが悪いものの、ヘアカラートリートメントよりも色は長持ちしやすいため、頻繁に白髪を染めるのが面倒という方には、ヘアカラートリートメントよりもヘナのほうが向いてるかもしません。
【ヘナのメリット】

・植物成分100パーセントで白髪を染められる
・髪や頭皮へのトリートメント効果が期待できる
・比較的、色持ちは良い(2~3週間程度)

植物成分100パーセントで白髪を染められるという点はヘナの大きな魅力ですが、もちろんデメリットもあります。
【ヘナのデメリット】

・植物成分の粉末であるため、ケミカルなものに比べると少々扱いにくい
・独特の匂いがある
・黒髪を明るく染めることはできない
ヘナを利用する際は、植物の粉末をお湯でといてペースト状にし、髪に塗布します。

ペーストを髪に塗布するという流れはヘアカラートリートメントと同じように思えますが、そのペースト自体が扱いにくく、慣れるまでは大変かもしれません。
あと、植物ならではの独特の匂いがあります。
ヘナで髪を染めるとその匂いが少なくとも2~3日は続くため、匂いが気になる方には利用しづらいでしょう。

ヘアカラートリートメントと同じく、もともと黒い髪を明るく染めることはできませんので、白髪の色を黒髪に近づけるという目的で利用します。



ヘアカラートリートメントとヘナ、どちらが良い?

ここまで読んで、ヘアカラートリートメントとヘナ、どちらが使いやすいと感じたでしょうか?

多分、多くの方にはヘナよりもヘアカラートリートメントの方が使いやすいと思います。

ヘアカラートリートメントはヘナのようにペーストを作る必要はありませんし、お風呂で気軽に染められるものが多いという点も魅力。

ヘナのように独特の匂いがないというところも、受け入れられやすいと思います。

ヘナよりも色づきや色持ちは悪いものの、気軽に使えるという点を考えると、あまり問題にはならないでしょう。

一方でヘナは、ヘアカラートリートメントよりも扱いづらいものの、植物のみで白髪を染められるというのは、成分にこだわる方には大きな魅力です。


結論として、どちらが良いかはその方の環境や好みにもよるといえます。
【ヘアカラートリートメントが向く方】

・お風呂で手軽に染めたい
・匂いは気にする方
【ヘナが向く方】

・ナチュラルなものが好き
・匂いはあまり気にしない
いずれを利用するにしても、白髪染めを使い続けることに比べれば、髪や頭皮への負担はかなり軽くなるでしょう。

私自身は、どちらでもOKという感じです。

ヘナは匂いが気になるため、外出が少ないと分かっている場合に利用し、 外出する機会が多い時期には、ヘアカラートリートメントを使用する・・・といった具合に、良いとこ取りをしています。

ただし、ヘアカラートリートメントを使った後しばらくは、髪ヘナの色が入りにくくなりますので、 併用する場合はその点に注意が必要です。(ヘアカラートリートメントでコーティングされるため)



白髪染めとの併用は注意が必要

ヘアカラートリートメントやヘナを、美容室や市販の白髪染めと併用したい・・・なんてお考えの方もおられるかもしれません。

実際、美容室に行くまでの繋ぎに、ヘアカラートリートメントを使用されているという方は少なくないのではないでしょうか。

すでに併用されている方はある程度ご存知かと思いますが、ヘアカラートリートメントやヘナを白髪染めと併用する場合は注意が必要です。

ヘアカラートリートメントやヘナの色素が髪についた状態だと、白髪染めの色が上手く出ない可能性があります。

まだ、白髪染めで黒く染めるというのなら良いのですが、ヘアカラートリートメントやヘナで真っ黒に髪を染めた後に、白髪染めで明るく染めるというのは無理に等しく、美容師さんを困らせることにもなってしまいます。

特にヘナは、ヘアカラートリートメントよりも髪に色がしっかりと入ってしまうため、白髪染めとの併用は難しいです。

もし美容室の白髪染めを併用しようとお考えの場合は、ヘアカラートリートメントを選んだほうが良いでしょう。

そのヘアカラートリートメントも、美容室へ行く2週間前には利用をやめるようにします。2週間の間にある程度色素が落ちれば、 白髪染めでも無理なく染めることができるはずです。

自己判断で併用するのではなく、通われている美容室があるのなら、美容師さんに一言話しておくことをおすすめいたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪が気になる方におすすめの製品

使いやすいヘナの白髪染め 初心者にも◎
Biocert Indiaオーガニック認証、最高品質Aランクのヘナ使用。 もちろん植物成分100%。ヘナなのに使いやすい、管理人お気に入りの白髪用アイテム。

マダムヘナ レビューを見る

ちゃんと色が入ります
自然派Clubサスティが販売する、無添加のヘアカラートリートメント。ジアミンを含みません。 色の入りが良く、使用感も○。コスパも◎。 色々利用しますが、私はヘナか、これが多いです。

利尻ヘアカラートリートメント レビューを見る





関連記事





できるだけ優しい使い心地の白髪向け製品を研究・比較し、ご紹介しています。
ヘナを選ぶならこれがおすすめ

マダムヘナ(シムカラーEX)
 おすすめ
使いやすさ、価格、品質など全て◎。初心者にもおすすめのヘナです。


アートビーングのヘナ

ヘナの鮮度に拘っており、ニオイ控えめ。 やや使いづらいですが、高品質で価格もお手頃。

おすすめの白髪染め・ヘアカラートリートメント
【ヘアカラートリートメント】


利尻ヘアカラートリートメント

無添加のヘアカラートリートメント。 色が入るまでにある程度時間はかかりますが、 ちゃんと白髪が隠れます。


レフィーネ

ヘッドスパクリームとしても使える、 10種の天然成分と7種の養毛成分を配合したヘアカラートリートメント。

全額返金保証ありで安心。


Copyright © 白髪染め研究所.com. All Rights Reserved.  (サイト概要・ご連絡